ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
12月
「九州方面トランスミッション」
 ☆日時:12月13日(水) 14時~16時
 ☆場所:黒崎ひびしんホール 会議室A
       〒806-0034 福岡県北九州市八幡西区岸の浦2丁目1-1
       https://www.kurosaki-bunka.jp/
    JR黒崎駅より徒歩10分
    筑豊電鉄 黒崎駅より徒歩10分
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳 
     TEL 090-7166-4528
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp


Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

「UFO科学展」 宇宙人エロヒムからのメッセージ上映 in 福岡

20170924

★日時:9月24日(日)11:00~17:00
★場所:福岡県北九州市八幡西区黒崎三丁目15-3 コムシティ3F
     北九州市立美術館 黒崎市民ギャラリー
     アクセス
★お問合せ:こちらをご覧ください

地球人は科学的に創造された! すべての謎が今、明かされる!!
UFO・古代遺跡・ピラミッド・地上絵・ミステリーサークル etcのパネルを多数展示!

ビデオも常時上映します。

「高解像度」の生体組織を科学者たちは3Dプリントする

オックスフォード大学の科学者たちは、再生医療の道を切り開くことができる生体組織を3D印刷する画期的な方法を見出しました。
複雑な生体組織を再現するための幹細胞を3Dプリントする新しい方法は、ブリストルの細胞と分子医学の学校と協力してオックスフォードの科学者によって考案されました。

この発見は再生医療に、複雑な組織の再生を考慮に入れて、損傷した部分または、切断した部分の取り替えまたは修復が出来るという画期的な変化を起こし得ます。


「私たちの多用途性で強固な性質な方法は、ボトムアップ組織工学(1)に新しい工具一式を低コストで提供します」と研究者らは、 Scientific
Reportsに掲載された論文で主張しています。

3D印刷有機物の主な障害の1つは、細胞が印刷構造内で動くことであり、それらの支えとなる軟らかい足場はそれ自身が崩壊する傾向があります。

新しい方法では、その構造を支え、それらの形状を維持するのを助けることができる自己充足型の細胞の組織の生産を確認できました。


この新しい方法は、生存率が平均90%と高いため、細胞の生存率を向上させるように思われます。

ブリストル大学細胞・分子医学部のアダム・ペリマン教授は、「オックスフォード大学で開発されたバイオプリントという方法は細胞構造物を極めて高解像度で効率的に印刷できるため非常にエキサイティングです。」と言いました。

研究者らは、この方法が動物実験を中止し、薬物および毒素の審査において重要な役割を果たす可能性があると考えています。

OxSyBioの最高技術責任者(CIO)Sam Olofは、「バイオプリントの
潜在用途は数多くあり、患者から供給された細胞を利用して、自然の組織機能を模倣したり強化することで、その個人向けにされた治療法を創出することが可能になると考えています。

元記事:https://www.rt.com/uk/400157-3d-printing-living-tissue/

最も重要な活動 [The most important action] August 6th,72AH

Rael Academyから記事をご紹介します。
                 Rael Academy:http://www.raelacademy.org/


最も重要な活動 [The most important action] August 6th,72AH         

「UFO科学展」 宇宙人エロヒムからのメッセージ上映 in 福岡

20170924

★日時:9月24日(日)11:00~17:00
★場所:福岡県北九州市八幡西区黒崎三丁目15-3 コムシティ3F
     北九州市立美術館 黒崎市民ギャラリー
     アクセス
★お問合せ:こちらをご覧ください

地球人は科学的に創造された! すべての謎が今、明かされる!!
UFO・古代遺跡・ピラミッド・地上絵・ミステリーサークル etcのパネルを多数展示!

ビデオも常時上映します。

「病は気から」の仕組み解明

 ストレスで胃腸の病気や突然死を招くメカニズムを、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームが解明し、15日付のオンライン科学誌イーライフで発表した。ストレスで起こる脳内の炎症が関わっていた。「病は気から」の仕組みが裏づけられたといい、ストレス性の病気の予防や診断への応用が期待される。

 チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を入れただけのマウスは死ななかった。

 突然死したマウスを調べたところ、脳にある特定の血管部分にわずかな炎症があることを発見。炎症はこの免疫細胞によって引き起こされ、通常はない神経回路ができて胃腸や心臓に不調をもたらしていたことがわかった。

 村上教授は「同じストレスを受けても、この免疫細胞の量や脳内の炎症の有無によって、病気になるかどうかが分かれると考えられる」と話している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000072-asahi-soci

Pagination

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR