ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
9月
「「宇宙人からのメッセージ上映&パネル展」
 ☆日時:9月24日(日) 11時~17時
 ☆場所:北九州市立美術館 黒崎市民ギャラリー
       福岡県北九州市八幡西区黒崎三丁目15-3
         コムシティ3F
       http://www.hitomirai.jp/access
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳 
     TEL 090-7166-4528
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp


Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

ラエリアンは、第4回卍復刻記念日が世界的に認められるよう求めます

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
                  2013年7月17日(水)

ラエリアンは、第4回卍復刻記念日が世界的に認められるよう求めます

7月17日ラスベガス
 先日、アメリカのテレビのクイズ番組"Jeopardy"の中で、「アジアの宗教」
というカテゴリーの際に、ある映像ヒントが画面に表示されました。それは、
古代の門にまんじが描かれている写真でした。音声は次のように流れていまし
た。
「この古代のシンボルは、アジアのいくつかの宗教に見られるもので、ナチス
によって使用される前までは、平和と善意と幸運のみを象徴するものでした」

 これこそまさに、国際ラエリアン・ムーブメント(IRM) が西欧の主要
メディアに取り上げてもらいたい情報です。IRMのメンバーは7月20日の
第4回卍復刻記念を世界中で祝い、宣伝する準備をしています。

「まんじという古代の名誉ある遺産とその肯定的な意味は、多くの東洋の国々
でよく知られているものです」とラエリアンのガイドであり、まんじ促進同盟
の代表、トマス・カエンズィクは述べました。「でも、私たちは、世界の他の
地域の人々にも彼らが知っていることを知らせたいのです。そうすれば、この
何十億人もの人々にとって大切なシンボルを完全に復刻させることができます
から」

 崇拝されてきた古代の遺産であるまんじを祝う創造性豊かなイベントが、
7月20日日曜日に、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、オーストラリアの多くの
都市で、そしてテルアビブを含む中東の都市でも開催されると、カエンズィク
は言いました。
 ナチの時代以前に描かれたまんじが、地球上のあらゆる場所で見られ、また、
まんじを悪名高いナチ政権としか関連付けられない人々が通常びっくりする
ような場所でも見られる、と彼は指摘しました。

「イスラエルの古代の遺跡や1930年代以前に作られた遺跡(1)で、まんじが
使用されているのを見ることができます」とカエンズィクは言いました。
「さらに、イタリアのベロナにあるものも含め、1930年代以前の世界中の
ユダヤ教の礼拝堂の多くにも、まんじが描かれています(2)。かつてまんじ
は、ユダヤ人にとって肯定的な意味しかなかったのです」

 まんじはラエリアンにとって特別なものです。それは、2つの重なった三角形
と合わさって、ラエリアンのシンボルを形作っているからです。

「私たちのシンボルにあるまんじは、時間の無限性を象徴し、重なり合った
三角形は空間の無限性を象徴しています」とカエンズィクは説明しました。
「私たちは、このシンボルマークを、世界中で毎年開催されるハピネス・
アカデミーで取り上げています。一番最近はメキシコで開催されました。
また私たちは、私たちにこのシンボルマークを伝えてくださった私たちの
創造者エロヒムを称えながら、私たちの哲学に従って、シンボルマークを
一年中使用しています」(ラエリアンがまんじを形作っている写真が3
にあります)。

 ラエリアンは、10億人の信者を持つ世界のヒンドゥー社会に対し、もうすぐ
開催される卍復刻記念日のイベントに参加してもらえるよう特別に訴えている、
と彼は言いました(4)。

「東洋やその他の場所に住むヒンドゥー教徒たちが、西洋に住むヒンドゥー仲間
のために立ち上がってくれることを期待します」と彼は言いました。
「ラエリアン、ネイティブ・アメリカン、ヒンドゥー教徒を含む西洋に住む多く
の少数派グループは、彼らの信仰にとって非常に重要なこのシンボルを公に崇拝
すると、差別を受けます。先日、米国の学校に通うあるヒンドゥー教徒の子ども
が、祝日をテーマにした課題でまんじを描いたために、特別なカウンセリングと
その他の是正措置を必要とするとされました。(5)”

 去年の卍復刻記念日に、ラエリアン・ムーブメントは、多くの西洋の主要都市
近くにある海岸で、まんじを描いたのぼりを掲げました。

「今年もまた、米国とカナダの空にまんじをテーマにしたのぼりを掲げる予定
です」と彼は言いました。「でも本当に重要なのは、このシンボルの本当に意味
すること、その肯定的な意味を世界中で証明し、認めてもらうことです。
これは、世界的な再教育の取り組みです」

 ラエリアン・ムーブメントは、まんじを自分たちの象徴として使用している
すべての宗教のメンバーと、宗教的自由を信じる人たちに、卍復刻記念日に
集まるよう求めています。

「まんじは、何千年もの間世界中で、幸福と幸運のシンボルとして使われて
きました。ですから、それをナチスが使用したからといって醜いものとして
解釈する西洋の人々は、何百万人の人々が自分の宗教を自由に信じる権利を
否定していることになります」と彼は言いました。「今こそ、この素晴らしい
シンボルを完全に復刻させ、20世紀にそれを乗っ取った人たちが残した汚点を
払拭する時です」

1 http://www.proswastika.org/israel
2 http://www.proswastika.org/news.php?extend.141.6
3 http://www.proswastika.org/news.php?extend.300
4 http://www.proswastika.org/news.php?extend.296
5 http://www.proswastika.org/news.php?item.20.1

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
プレスリリースへのご意見・ご質問及び日本ラエリアン・ムーブメントの
セミナー・講演会等のイベント情報、またインタビューについては、以下
の広報担当までお問い合わせください。
-------------------------------------------------------------------
ラエリアン・ムーブメント rael.org 及び press.rael.org について
ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、
地球上の生命が、聖書原典においてエロヒムとして知られる宇宙人の文明により、
DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。会員数は世界
104カ国、80,000人にのぼり、この宇宙人が弥勒菩薩・ラエルにもたら
したメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。それは、彼ら宇宙人
エロヒムを公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広める
という目標を持っています。
ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学
を通じて、世界に波紋を投げかけています。

      インタビューまたは更に詳しい情報をご希望の場合は
        下記の連絡先までお問い合わせください
非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント http://www.rael.org
広報担当 斉藤 周二 www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp

***********************************************************************
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://susumu666.blog.fc2.com/tb.php/70-8b1c1106

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR