ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
6月
「ラエルアカデミー」
 ☆日時:6月11日(日)~16日(金)
 詳しくは↓
https://www.raelianjapan.jp/ah71-raelacademy-1

Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

奴隷の反乱が広範囲で起きているアリの世界

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラエリアン・ムーブメント
未来を恐れない人々へ : http://www.rael.org

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弥勒菩薩ラエルのコメント:これは人類にとっての素晴らしいお手本です。

RAEL'S COMMENT: This is a great example for human beings.


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■奴隷の反乱が広範囲で起きているアリの世界
(Slave rebellion is widespread in ants:10月3日英語版配信分)


Source: http://www.uni-mainz.de/presse/15733_ENG_HTML.php


奴隷の身となった働きアリたちは、彼らの寄生者の子を殺し、そうやって仲間
たちが存続する可能性を増大させている。


2012年9月26日


他の種類のアリの巣で奴隷として留められているアリたちは、妨害という行為
を通じて自身の抑圧者たちにダメージを与える。ヨハネス・グーテンベルク大
学マインツ(JGU)でアリを研究しているSusanneFoitzik博士/教授は2009年、
この「奴隷の反乱」現象を初めて観察した。しかしながら、最新の発見による
と、この振る舞いは単発的な出来事にはとどまらず、今では広範囲に見られる
特性のようなのだ。実際のところ、米国のウェストバージニア州、ニューヨー
ク州、オハイオ州にある3つの異なる個体群でも、奴隷の身になった
Temnothorax longispinosusという種類の働きアリたちは、他種のアリの巣を
襲い、若虫をさらって奴隷に育てるProtomognathus americanusという種類の
アリには構わず、その子たちの面倒を見るどころか殺すことが観察されている。
その結果、その寄生虫の子供たちの平均生存率は45%にしか及ばない。恐らく
このことによって、その地域において寄生虫が強化されることが抑えられ、そ
れによって、奴隷になったアリの仲間たちが占めている近隣のコロニーが生き
残るチャンスは高められているのだ。

全動物種のうち半数以上は、寄生関係をもって、すなわち俗にいう宿主を利用
して生きている。進化史の観点から見ると、奴隷をつくる米国のProtomognathus
americanusというアリは、生き残るため他の種類のアリに完全に依存している
昔からの社会的な寄生種である。奴隷の働きアリたちは、寄生虫の巣で子供た
ちの面倒をみたり、主人たちに食料を運んで食べさせたり、さらには巣の防衛
すらしなければならない。

奴隷をつくる種の働きアリたちは、宿主であるTemnothorax longispinosusと
いう種の巣に攻撃を行い、大人のアリたちを殺して子供たちを奪い去り、奴隷
とする。中身のなくなったどんぐりや木の実の殻、あるいは中空の小枝を住み
家とすることもある主人たちの巣に戻ると、成長過程にある奴隷の働きアリた
ちが、主人たちの子供を世話する行動は、奴隷をつくる種属の発展に利用され
る。Susanne Foitzik女史とその研究チームは、奴隷の身となった働きアリた
ちが、幼虫に餌を与えて身の回りの世話をし、自分たちに取りつく社会的な寄
生者の子供を育てはするものの、それはある一定の時期までに限られることを
示した。

「恐らく初めのうちは、奴隷のアリたちは、幼虫が他の種属のものであるとい
うことの見分けがつかないのでしょう」とFoitzik女史は説明する。その結果、
子供の95%が幼生期を生き残ることになる。「すでにアリの様相を呈している
サナギは、はっきりと嗅ぎ分けることのできる合図となる化学的な物質を、そ
の表皮上に作り出します。奴隷をつくるアリのサナギが、高い割合で奴隷となっ
た働きアリに殺される、ということを私たちは示すことが出来ました」サナギ
は放置されたり、意図的に攻撃を受けてバラバラにされ殺される。サナギはそ
の成長段階において自ら動いたり防御をとったりする事はできず、またマユに
よっても身を守られていない中、何匹かの奴隷アリが一斉にサナギに攻撃を仕
掛けるのだ。

ウェストバージニア州にある寄生虫の複数の巣では、サナギのわずか27%しか
生き残らず、ニューヨーク州のコロニーでは49%に留まっている。オハイオ州
では、奴隷を作る米国のアリの中では少しばかり生存率が高くて58%となって
いるが、それでもこの数字は、自由な生活を送っているアリの巣にいるサナギ
の85%という生存率には遠く及ばない。「奴隷となった働きアリたちは、繁殖
を行わないことから、殺すことによって直接的な恩恵は受けていません」と女
史は説明する。しかし、奴隷を作るアリの子供を殺すことを通して、まさに働
きアリの兄弟たちかもしれない近隣の身内たちは、生き残るチャンスが増大す
るという恩恵を間接的に受けている。奴隷を作るアリのコロニーが、反逆を起
こした奴隷によってダメージを被り、発展が鈍化してコロニーの運営が縮小化
し、奴隷の襲撃に対して脆弱となるのだ。

様々な地域のコロニーで死亡率が大きく異るというのは、共進化という地理学
的なモザイク説に由来する予測に適うものである。この理論では、地域によっ
て異なる選択圧(※)にさらされており、また突然変異を介して生じる様々な攻
撃特性や防御特性を保持するがゆえに、個体数は異なってくる、というのがこ
の理論の主張するところだ。


奴隷反乱の進化に関するこの研究は、「構造化された集団における抵抗力と病
原性の進化」というドイツ研究財団のプロジェクトによって2011年10月より資
金提供を受けて行われたものである。



(※訳注:選択圧とは適合度の低い個体の淘汰されやすさのことであり、これ
が高いほど探索の収束が早くなる。淘汰圧ともいう。)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弥勒菩薩・ラエルからの注意:
知性を最大限に活用しない人々に告げますが、一部の記事にある『selected
by RAEL』という標題は、その内容に同意したり支持していることを意味す
るものではありません。『selected by RAEL』は、人々が考えたり行ってい
ることについて、この惑星の人々が知るべき重要なものであると思うもの、
ということであり、たとえ彼らが考えたり行動していることが、まったく愚
かで私たちの哲学に反する場合であっても、ということです。アメリカでの
雨乞いという愚かなキリスト教原理主義についての記事を私が過去に選出し
た際、天気を変えるために祈ることを私が支持している、と考えるほど愚か
なラエルサイエンスの読者が一人もいないことは、私も承知しています。で
すから、薬物や反セム主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、修正主義、ある
いは宗教団体に対する憎悪感の扇動、などを支持する記事や、その他一切の
愚かな記事を私が選出する際は、私がそれらを支持しているということを意
味するものではありません。それは単に、すべての人間が知っておくべき重
要なもの、ということを意味しているだけです。常識、これは通常は私たち
の読者の間でとてもうまく働いているものですが、それを使えば理解するに
は十分です。薬物の非犯罪化に関する最近の記事のように、さらにはっきり
とさせる必要がある際にはコメントを加えますが、今回の場合はとても明確
なものでした。つまり、私はすべての薬物の非犯罪化を支持します、という
のも、意気消沈して悲しみに暮れる人々(意気消沈して悲しみに暮れる人々
だけが薬物を使用するのですから)を刑務所に送り込み、犯罪歴を残して彼
らの人生を破滅させるのは愚かな事だから、ということです。それは、医療
目的を除いていかなる薬物も使用してはならない、とはっきり述べている
“メッセージ”に修正を加えることを意味するものではありません。同様の
事は、絶対的なものでなければならない表現の自由についてもあてはまりま
す。改めて言いますが、反ユダヤ主義、反セム主義、人種差別主義、あるい
は一切の反ラエリアン主義に私が同意する、ということを意味しているの
ではもちろんありません。しかし、価値観に異を唱える人々や敵を知ってお
く事で、彼らと闘うためのより良い準備を整えておく事ができます。もちろ
ん、愛と尊重、そしてフランスの哲学者であるボルテールの素晴らしい文を
心に秘めながらです。『私はあなたの言うことには同意しませんが、あなた
がそれを言う権利は、死ぬまで守るつもりです』


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『倫理』とは、神を信じる保守主義者や伝統的宗教が、科学と新しい技術に対
する大衆の恐れを上手く煽ることによって、人類を無知と蒙昧の中に囲い込も
うとする最後のあがきにすぎません。

私たちの祖先が歴史と呼ぶものには輝かしいところは何もなく、それは過ちと
非寛容と暴力の寄せ集めでしかありません。

その反対に、拘束に囚われない新しい技術と科学を信奉しましょう。それらは、
架空に過ぎない神話・昔からある恐れ・病気・死・そして労働の汗から人類を
解放するのです。

弥勒菩薩ラエル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

--
ラエルサイエンスに興味があるあなたの友人・知人に、このメーリングニュースへの
加入をお勧めください。加入にあたりましては、件名を「ラエルサイエンス配信希望」
とし、nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までメール頂ければ結構です。(無料)


また、メーリングを介さず以下のウェブサイト上でも同様の情報を閲覧いただけます。

『Googleグループ  日本語版ラエルサイエンス』
http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan?hl=ja


日本語版ラエルサイエンスに関するご意見、ご感想は
toshiaking0630@yahoo.co.jp までお寄せ下さい。
  
  
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://susumu666.blog.fc2.com/tb.php/40-5e78631d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR