ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
8月
「福岡トランスミッション&平和の1分間瞑想」
 ☆日時:8月6日
    平和の1分間瞑想 〈無料〉 
       11:00-14:00(JR黒崎駅前広場) 
    トランスミッション 〈無料〉
       14:00-16:00 
      (15時丁度にトランスミッションを行います)
 ☆場所
    トランスミッション:コムシティー7F パーティールーム
       福岡県北九州市八幡西区黒崎3-15-3
       http://www.com-city.jp/index.html
    平和の1分間瞑想:JR黒崎駅前広場
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳 
     TEL 090-7166-4528
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp


9月

Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

福島での原発事故後、東京都市圏で放射線量が「著しく上昇」と日本の科学者たち

■福島での原発事故後、東京都市圏で放射線量が「著しく上昇」と日本の科学者たち
(Japan Scientists: Radiation dose has been “significantly increased”
around Tokyo metropolitan area after Fukushima:9月20日英語版配信分)


タイトル : MEASURES AGAINST INCREASED ENVIRONMENTAL RADIATION DOSE BY
THE TEPCO FUKUSHIMA DAI-ICHI NPP ACCIDENT IN SOME LOCAL
GOVERNMENTS IN THE TOKYO METROPOLITAN AREA
元記事 : Radiation Protection Dosimetry (Oxford Journals)
著者 : Iimoto T, Fujii H, Oda S, Nakamura T, Hayashi R, Kuroda R,
    Furusawa M, Umekage T, Ohkubo Y.
日付 : 2012年8月26日


▼要約

日本の東部を襲った(2011年3月11日の)大地震にともない、東京電力が運営
する福島第一原発で事故が発生し、東日本における環境放射線のバックグラウ
ンドレベルが上昇している。東京都市圏の周辺部、とくに柏市や流山市の周囲
では、環境線量当量率が事故の発生後に著しい上昇をみせている。事故発生か
らおよそ3ヶ月後、市民たちからの強い要望を受け、地元の各自治体では環境
線量当量率の精密で公式な監視を開始した。この二つの市では相互に協力関係
を結び、3名の放射線専門家たちによる支援を受けて地域協議会も発足させて
いる。この記事では、地方自治体の活動が紹介されており、おもに放射線のモ
ニターと計測について焦点が当てられている。話題に挙げられているのは、環
境線量率を求めるための環境放射線の測定手法の標準化や、線量のマッピング
活動、食料品や飲料水の調査、市民たちへの測定機器の貸与、などである。お
もに放射線モニタリングで得られたデータや事実をもとに、危機管理や関連活
動が組織されている。「幼稚園での小規模な協議会」、「市民のための健康相
談サービス」、「教師や医療スタッフ、地方自治体スタッフ、地域ボランティ
ア・グループのリーダーに向けられた放射線防護に関する勉強会」、「除染活
動」などが、東京都市圏周辺の危機管理や復旧に関する現在の主要な活動となっ
ている。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://susumu666.blog.fc2.com/tb.php/35-07997788

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR