ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
3月
「九州ラエルアカデミー」
 ☆日時:3月17日(土) 14時~19時
     3月18日(日) 10時~17時
 ☆場所:大野城まどかぴあ 304会議室
       〒816-0934 福岡県大野城市曙町2丁目3−1
       http://www.madokapia.or.jp/
    西鉄天神大牟田線 春日原駅下車、徒歩約10分
    JR鹿児島本線 大野城駅下車、徒歩約17分
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳 
     TEL 090-7166-4528
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp


Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

将来のパレスチナに関する残酷な真実

弥勒菩薩ラエルのコメント:まったくその通り。パレスチナの避難民が違法に押収された土地や家に戻ることができ、
平等の権利があり、アパルトヘイト、壁や検閲所のない一つの国家という解決の時が来ています。そのような国家はユダヤ人とムスリムが共に平和に暮らすことができる本当の楽園になり得ます。シオニストの犯罪国家が創られる前には2000年そうしていたのですから。

RAEL'S COMMENT: This is absolutely true. It’s time for a one-state solution
with equal rights and no apartheid, walls or checkpoints, where Palestinian
refugees can return to their illegally seized lands and houses. Such a
state can become a real paradise in which Jews and Muslims can live
together in peace, as they did for 2,000 years before the present Zionist
criminal state of Israel was created.
.......................................................................................................................................................................................................................................................................
https://www.youtube.com/watch?v=3VE_46qgbtg
和平的プロセスはありません。2つの国家という解決策もありません。我々が続けられるアイデアはもう終わったんです。将来パレスチナの土地とされるであろう場所に50万人ものイスラエルの人々が住み、事実、その数は加速的に増えています。パレスチナに残しておくものはないのです。
なのでパレスチナと呼ぶこともできません。そこには何もないのです。終わったんです。

「2つの国家」は終わったのです。パレスチナという人々はいなかったのですが、彼らは彼らはパレスチナ人になりたがっています。

では次は何なんでしょうか?

それは誰もが望まない素晴らしい現実です。
それは好き嫌い関係なく起こる事でしょう。
それは1つの国家です。
2つの人々のための1つの国家です。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://susumu666.blog.fc2.com/tb.php/262-c2f08748

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR