ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

九州方面イベント案内
4月
「福岡UFO科学展&トランスミッション」
      ※世界エロヒム大使館Day同時開催
 ☆日時:4月2日(日) 11:00~16:00
 ☆場所:太宰府館
       福岡県太宰府市宰府三丁目2番3号            http://www.dazaifu.org/map/tanbo/tourismmap/15.html
        西鉄天神大牟田線 太宰府駅下車、徒歩約2分
       TEL 092-918-8700
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳  
     TEL 090-7166-4528  
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp

Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

もし「瞬間移動」すると、脳はどう反応する?


『もし「瞬間移動」すると、脳はどう反応する?』
https://wired.jp/2016/03/08/what-we-learned-about-the-brain/
仮想世界で「瞬間移動」を行うと、脳はどう反応するのだろうか。カリフォルニア大学デーヴィス校の研究者は、コンピューター画面上で行われた「瞬間移動」に対する神経の反応を測定した。
brainet6
カリフォルニア大学デーヴィス校の研究により、ある場所から別の場所へに「転送」される瞬間移動(テレポーテーション)を、脳がどのように処理するかが明らかになった。

『Neuron』誌に2月25日付けで発表された研究は、コンピューター画面上で行われた「瞬間移動」に対する神経の反応を測定したものだ。

研究チームは、数人の被験者がコンピューター画面上の仮想世界を移動する様子を観察した(被験者は、志願した重度のてんかん患者たちで、治療のために脳に電極が埋め込まれており、特別な脳波が測定できる状態だった)。仮想世界の環境は平凡なもので、これといった特徴のない街路が中心だ(以下の動画)。

被験者たちはその街のなかを進むよう指示されるが、「転送装置」に入ると、そこから、地図上にある既知の場所ではあるが、別の場所に転送される。転送中は画面が真っ暗になる仕組みだ。

研究チームによると、ラットなどの実験から、空間ナヴィゲーションのモデルにおいては、脳の「海馬」周辺の低周波律動(デルタ/シータ波)が重要な役割を果たすことがわかっている。こうした空間ナヴィゲーション能力にとっては、移動中の知覚変化が重要なのか、それとも、外界の知覚には関係のない記憶が重要なのかを明らかにするために、研究チームは、移動中の知覚変化が存在しない、仮想世界での「テレポーテーション実験」を行ったという。

実験の結果、テレポーテーションの最中には脳波変化は起こらなかった。そして、移動した距離の認知によってそのリズムが変化したことがわかった。これは空間ナヴィゲーション能力が、「脳内の記憶と学習過程のみによって発生しており、外部に対する感覚には依存しない」ことを示唆していると、研究チームは説明している。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://susumu666.blog.fc2.com/tb.php/211-4f8fc600

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR