ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
6月
「ラエルアカデミー」
 ☆日時:6月11日(日)~16日(金)
 詳しくは↓
https://www.raelianjapan.jp/ah71-raelacademy-1

Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース 2015年11月19日(木)

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
                   2015年11月19日(木)

ラエルは、論争になっている幼児期からの性教育に関するユネスコのガイドラインを支持し、最初の性教育デーを開始します


ラスベガス
 11月20日、国際子どもの権利の日に、ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルは、最初の性教育デーを開始します。それは2009年にユネスコ・レポートにおいて専門家が推奨した、早期からの子供への性教育を促進するものです。

 ラエリアン・ガイドで、性教育デーのスポークスマンである、クレメンス・リナールは、「ラエルは無修正のユネスコ・レポートに対する支持を表明し続けてきました」と述べました。「彼は、80以上の科学的研究に基づく、オリジナルのユネスコ・レポートが、酷く修正され、トーンダウンされたことに失望しています。不幸にも、キリスト教会と強く結びついたファミリーウォッチのような団体による、完全なレポートに対抗する積極的なロビー活動があったのです。」

 ラエリアン哲学の重要な教義においては、性的快楽に対する罪悪感を取り除くことの重要さが強調されています。

「性教育の専門家たちもまた、そのような罪悪感を取り除くことの重要性を認識していますし、彼らだけが、どのような内容が、しかるべき年齢の子供たちの健康的発達、そして、人生に寄与するかを決定するべきなのです」とリナールは言います。「両親の宗教的信仰が、子どもたちの数学教育の内容に干渉しないのと同様に、性教育の内容についても干渉するべきではありません。」

 リナールによると、国際ラエリアン・ムーブメントは、2009年のユネスコの性教育ガイドラインを促進する世界的行動を計画中です。(http://www.rael.org/request.php?386 参照)

 彼女は言います。
「私たちは、ユネスコ・レポートが再度修正されるよう要求します。修正前のバージョンは、5-8歳の子供たちに、マスタベーションの説明をすることを推奨しています。私たちは、その推奨やその他の推奨事項が、再び記載されることを望みます。」

「この科学的に正確な「2009年のユネスコ・レポート」は、ラエリアン・ムーブメントの哲学によって教えられている、正しい価値観を表現しています」と、ラエルは最近の国際ラエリアン・ムーブメントの声明で述べました。
「これらの素晴らしい科学的な推奨は、私たちを創造した「地球外の」科学者たちによって共有されたラエリアンの教えと完全に一致しているのです。」


以下、日本ラエリアンムーブメント代表者の伊藤みちおからの追記です。
「このキャンペーンを機に日本ラエリアンムーブメントが18才未満の児童や学生に性教育を直接施したりすることは一切ありません。日本ラエリアンムーブメントは、公的なまたは民間の教育機関に対してさらなる性教育の充実を奨励するために、法律を遵守してこのキャンペーンを推進します。またこのキャンペーンを通じて当団体または当団体の会員が金銭的または生活上でのいかなる利益を得ることは一切ありません。」



☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆

 ~ラエリアン・ムーブメントについて~
  ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、
地球上の生命が、聖書原典において”エロヒム”として知られる宇宙人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。

 会員数は世界104カ国、90,000人にのぼり、この宇宙人”エロヒム”がマイトレーヤ・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。
 それは、彼ら宇宙人”エロヒム”を公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。
 ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

      インタビュー、プレスリリースへのご意見・ご質問
       または更に詳しい情報をご希望の場合は
       下記の連絡先までお問い合わせください

 非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント
〈公式サイト〉 http://www.rael.org
 広報担当 斉藤 周二 〈広報公式サイト〉http://www.press.rael.org
 TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
 e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp


*************************************************************************

Rael launches first Sex Education Day, supports controversial UNESCO guidelines for early childhood sex education

LAS VEGAS, November 17 On November 20, International Rights of Children Day, Rael, spiritual leader of the Raelian Movement, will launch the first Sex Education Day to promote early sexual education of children as recommended by experts in the 2009 UNESCO report on early sex education, according to a statement released today by the International Raelian Movement (IRM).

“Rael has repeatedly expressed his support for the unabridged UNESCO report,” said Clemence Linard, Raelian Guide and spokesperson for Sex Education Day. He was disappointed when the original UNESCO report, based on more than 80 scientific studies, was heavily edited and toned down. Unfortunately, there was active lobbying against the unabridged report by organizations like FamilyWatch that have strong ties to Christian churches.”

An important tenet of Raelian philosophy stresses the importance of removing guilt associated with sexual pleasure.

“Experts on sexual education also recognize the importance of removing such guilt, and only they should decide what content will contribute best to children’s healthy development at the right age and for the rest of their lives,” Linard said. “Parents’ religious beliefs should no more interfere with the content of sexual education than they do with the content of math education."

The IRM is planning worldwide actions to promote UNESCO’s 2009 sex education guidelines (see http://www.rael.org/request.php?386), according to Linard.

“We’re requesting that the original UNESCO report be re-edited,” she said. “The unabridged version recommended explaining masturbation to children at age 5 to 8, and we want that
recommendation and others reinserted.”

“This scientific, accurate [UNESCO 2009] report expresses the exact values taught by the Raelian Movement philosophy,” Rael said in an earlier IRM statement. “These wonderful, scientific recommendations are perfectly in line with the Raelian teachings as shared by the [extraterrestrial] scientists who created us.”



--------------------------------------------------------------------



About the Raelian Movement rael.org et press.rael.org
The Raelian Movement is the largest non-profit atheist organisation in the world, which relates how life on earth was created by an extra-terrestrial civilisation, known in the original Bible as Elohim, through the synthesis of DNA.
It brings together 90,000 members from 104 countries who actively publicise the mes sage these extra-terrestrial scientists gave to Rael, with the goal of building an embassy to welcome them officially and propagate their values of peace and non violence. The Raelian Movement is making waves through its non-conformist and politically incorrect philosophy.

CONTACT
For any interviews or information:
Japanese Raelian Movement
http://www.rael.org
Public relations Section: Shuji Saito
http://www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006
FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://susumu666.blog.fc2.com/tb.php/188-0657d585

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR