ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
8月
「福岡トランスミッション&平和の1分間瞑想」
 ☆日時:8月6日
    平和の1分間瞑想 〈無料〉 
       11:00-14:00(JR黒崎駅前広場) 
    トランスミッション 〈無料〉
       14:00-16:00 
      (15時丁度にトランスミッションを行います)
 ☆場所
    トランスミッション:コムシティー7F パーティールーム
       福岡県北九州市八幡西区黒崎3-15-3
       http://www.com-city.jp/index.html
    平和の1分間瞑想:JR黒崎駅前広場
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳 
     TEL 090-7166-4528
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp


Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

腫瘍化の仕組み解明

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150213-00000014-jij-sctch
 ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を神経幹細胞に変えた後、脊髄損傷のマウスに移植して長期間経過した際に起きる腫瘍形成の仕組みを解明したと、慶応大医学部の岡野栄之教授や中村雅也教授らが13日、米科学誌ステムセル・リポーツ電子版に発表した。
 iPS細胞を作る際に使った遺伝子の一つ「Oct4」が再び活性化し、腫瘍形成が進んだ可能性が示された。作製法の工夫や移植する細胞の安全確認が必要という。
 山中伸弥京都大教授らが当初、iPS細胞を開発した際に使った4遺伝子のうち、「cーMyc」は早い段階で腫瘍化への関与が判明していた。岡野教授らはOct4など残り3遺伝子をヒトの皮膚の線維芽細胞にレトロウイルスを使って導入し、iPS細胞を作った。
 神経幹細胞に変え、脊髄損傷のマウスに移植すると、約2カ月で生着して神経細胞などとして働き、脚の運動機能が改善。しかし、その後2カ月間に神経系の腫瘍ができ、運動機能が徐々に悪化した。 
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://susumu666.blog.fc2.com/tb.php/139-796c77a0

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR