ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
8月
「福岡トランスミッション&平和の1分間瞑想」
 ☆日時:8月6日
    平和の1分間瞑想 〈無料〉 
       11:00-14:00(JR黒崎駅前広場) 
    トランスミッション 〈無料〉
       14:00-16:00 
      (15時丁度にトランスミッションを行います)
 ☆場所
    トランスミッション:コムシティー7F パーティールーム
       福岡県北九州市八幡西区黒崎3-15-3
       http://www.com-city.jp/index.html
    平和の1分間瞑想:JR黒崎駅前広場
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳 
     TEL 090-7166-4528
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp


Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

メガ都市に居住すべきと主流派の科学者たちが訴える

・このことは30年以上前に弥勒菩薩ラエルが異星人エロヒムから伝えられたメッ
セージとして本に記述していることです。このことは現在でも「地球 人は科学
的に創造された」に掲載されています。

弥勒菩薩ラエルのコメント:これはまさにエロヒムがメッセージで推奨されて
いることであり、彼らの惑星で実践していることです。


Source: http://occupycorporatism.com/mainstream-scientists-say-human-populations-should-live-in-un-mega-cities/

■メガ都市に居住すべきと主流派の科学者たちが訴える
(Mainstream Scientists Say Human Populations Should Live in UN
Mega-Cities:7月5日英語版配信分)


Susanne Posel
Occupy Corporatism
2012年4月1日


米国向けニュース専門放送局MSNBCのある記事で、緊密に組織化された都市に
住むよう科学者たちが人々に向けて求めている。

「すべての地方にまで手を伸ばして欲しいとは全く思っていません。近隣に密
接して住むことにより、自然のための土地を守ってほしいのです」と語るのは、
国連会議の“Planet under Pressure”(圧力を受けている惑星)で科学的組
織委員会のチーフを務めるMichail Fragkias氏である。人口増加への解決策は
高密度化した都市であるとする彼は、次のように述べる。

「もし都市が、横方向にではなく縦方向に発展を遂げることができるならば、
より一層に望ましいことであり、環境的にも害をもたらさないものになるでしょ
う」

NASAと国連環境計画は、より緊密化した都市は「世界的な人口増加」を緩和す
るだろう、という事に言及した声明を発表している。この声明文は、2012年6
月に行われた“国連持続可能な開発会議(リオ+20)”に先立って発表されて
いる。

国連会議“Planet under Pressure”の組織メンバーたちは、自然条件による
ものではなく、人間が惑星の地質作用を変えつつあるとして、我々の時代をア
ントロポセン(Anthropocene)と呼んでいる。王立協会に所属するMartin Rees
氏は会議の席上、次のように述べている。

「この世紀は、地球の歴史において特別なものです。我々が属しているところ
の単一生物種が、惑星の未来を手中にしているというのは初めてのことなので
す。我々は、新しい地質学的年代としてアントロポセンという語を作りました」

これは、世界人口に関して言及したコロンビア大学のある教授の言葉を反映し
たものである。

「科学者たちは、新しい地質年代であるアントロポセンの到来を告げていると
して、地球上での人類の高まる需要やその影響について意見を述べています。
地球資源のそのような利己的、破壊的な充当は、単なる異種間の大量虐殺とし
て評し得るのみです…人類の人口増加を食い止めることは、破滅的な地球の気
候変動を防ぐために、(十分ではないながらも)ほとんど疑いなく必要な条件
なのです。確かに、現在の人間の数を大幅に減らすことは、そうするためには
必要なことなのかもしれません」

これらの科学者たちは、メガ地域内における統制されたメガ都市に向けて、国
連の“アジェンダ21”計画に規定を盛り込むよう提案している。米国のその他
すべての土地は、ワイルドランド・プロジェクトのもと、環境保護のために人
間が居住する場所とは切り離されることになるだろう。メガ都市内での人口統
制を可能にするため、無線IDタグのテクノロジーが利用されることになる。

MSNBCの記事に登場する科学者たちは受け流しているが、残された景観はこの
惑星のエリートにのみ取って置かれるのだろう
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://susumu666.blog.fc2.com/tb.php/13-2667556b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR