ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
8月
「福岡トランスミッション&平和の1分間瞑想」
 ☆日時:8月6日
    平和の1分間瞑想 〈無料〉 
       11:00-14:00(JR黒崎駅前広場) 
    トランスミッション 〈無料〉
       14:00-16:00 
      (15時丁度にトランスミッションを行います)
 ☆場所
    トランスミッション:コムシティー7F パーティールーム
       福岡県北九州市八幡西区黒崎3-15-3
       http://www.com-city.jp/index.html
    平和の1分間瞑想:JR黒崎駅前広場
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳 
     TEL 090-7166-4528
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp


Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

がんを抑制する遺伝子の特徴発見 長寿につながる可能性

http://digital.asahi.com/articles/ASK5X72LWK5XULBJ008.html?_requesturl=articles/ASK5X72LWK5XULBJ008.html
 100歳を超えるような長寿に関係する遺伝子の特徴を、東京都健康長寿医療センターや慶応大などのチームが見つけた。1千人近い長寿の人の遺伝情報を集めて一般の人と比べた。長寿の人はがんや骨に関係する遺伝子に特徴があり、成果は長寿になるしくみの解明につながる可能性がある。研究が進めば、創薬などの開発にも役立つ。成果を米国の老年医学の専門誌で発表した。
 人が長生きできるかは、適度な運動や栄養といった生活習慣の要因が大きい。ただ、生まれつきの遺伝子による影響も2~3割はあるとされている。
 チームは、95歳以上の530人(大部分は100歳以上)と、79歳以下の4312人の血液などから遺伝情報を得て、個人ごとにDNAの塩基が異なる約24万カ所を網羅的に解析した。確認のため、中国人952人(うち447人が95歳以上)でも同様に調べた。
 すると、これまで指摘されていた「APOE」という遺伝子に加え、新たに「CLEC3B」という、がんの転移や骨の形成にかかわる遺伝子に特徴が見つかった。この遺伝子の特定の場所のDNAの塩基が置き換わっている日本人の割合が、一般の人たちでは19%なのに対し、長寿の人たちでは26%だった。同センター研究所の谷澤薫平・協力研究員によると、置き換わっている人は、95歳以上の長寿となる確率が通常の人に比べて1・5倍高い計算になるという。
 この遺伝子は「テトラネクチン」というたんぱく質をつくるのに関係している。塩基の違いがたんぱく質の働きに表れ、がんの転移を抑えたり、しっかりした骨をつくったりしている可能性があるという。研究が進めば、このたんぱく質の働きを補う薬を開発するなどして長寿につなげられることも考えられる。

オンライン平和の瞑想のご案内
毎日 21:00よりオンライン瞑想をしています。
ご参加ご希望の方は、お気軽にメッセージもしくは、下記メールにご連絡下さい。
*参加無料です。下記までご連絡くだされば、オンライン瞑想のリンクをご案内します。
 rafysinger@gmail.com

https://ameblo.jp/raelianjapan/entry-12284458485.html
スポンサーサイト

ブッダの沈黙 [The Silence of a Buddha] May 14th, 71 aH

Rael Academyから記事をご紹介します。
                 Rael Academy:http://www.raelacademy.org/


ブッダの沈黙 [The Silence of a Buddha] May 14th, 71 aH         

Pagination

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR