ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

九州方面イベント案内
3月
「九州アカデミー」
 ☆日時:3月11日(土) 14:00~18:30
     3月12日(日) 10:00~16:00
 ☆場所:まどかぴあ
       〒816-0934 福岡県大野城市曙町2丁目3−1
       http://www.madokapia.or.jp/about/access.html
        西鉄天神大牟田線 春日原駅下車、徒歩約10分
        JR鹿児島本線 大野城駅下車、徒歩約17分
       TEL 092-586-4000
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳  
     TEL 090-7166-4528  
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp

Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

エロヒムリーク「イスラエルはイランを攻撃する為に米国船が爆沈させられるヤらせ作戦を計画中」

ELOHIMLEAKS
エロヒムリークス
(地球上の生命全ての生命を科学的に創造した異星人エロヒムが暴露する世界情勢の真実)
弥勒菩薩ラエル 著

イスラエルは、米国にイランを攻撃させるために、イランから飛来したように見せかけた武器を使ってペルシャ湾に居る米国の船(複数)を攻撃するニセのやらせ作戦を準備しています。それには、ステルス航空機、新型ステルスドローン、または新型ステルス潜水艦とか全ての中のどれかを使います。できるだけ多くの米国の船を破壊することで、9月11日のような大きなショックを米国の世論に創り出そうと期待しており、そして米国とNATOにイランを攻撃させるのです。
同時にイランの領空に多くの飛行機やドローンを送りそしてそれらを速やかに脱出させて、イラン空軍機が大量に離陸するきっかけを作ることを期待しています。こうやって、米国の小艦隊を爆撃したのはイラン空軍だったのだと思わせるのです。
スポンサーサイト

再生腎臓ラットで排尿成功 10年以内、人へ応用

 動物の体内で成長させた再生腎臓から、尿を体外に排出させる実験に成功したと、東京慈恵会医科大の横尾隆教授(腎臓再生学)らのチームが、米科学アカデミー紀要に発表した。これまで、腎臓の再生はできていたが、排尿させることができなかった。チームは「腎臓の再生医療の人への応用に向けた大きな一歩」と説明する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150923-00000011-mai-sctch
 腎臓で作られた尿は、尿管を通ってぼうこうにためられ、体外に排出される。当初、新しく作った腎臓と元からあるぼうこうを人工の管などでつないで排尿を試みたが、人工の管は尿をぼうこうに送る収縮運動ができず、機能しなかった。

 チームはラットの胎児から腎臓や尿管、ぼうこうに成長する前の未熟な組織を取り出し、大人のラットの体内で発育。小林英司・慶応大特任教授らによる顕微鏡を用いた手術の技術を使い、成長した腎臓、ぼうこうを元からあるぼうこうと尿管でつなぐことに成功。排尿を確認した。尿には、正常な腎臓で作られる尿の3分の1以上の毒素が排出されていた。人は正常な腎臓の1割程度の機能があれば人工透析を回避できるとされ、機能も問題なかった。

 チームは、ブタでも同様の手法で排尿を確認し、サルを使った実験にも着手している。未熟な組織が臓器へ成長する「スイッチ」を入れるには、動物の体へいったん移植することが必要で、動物を利用することに倫理面や種を超えた感染症などの問題があるが、横尾教授は「10年以内に人への応用を目指したい」と話す。

コオロギの脚が切断されても元通りに再生する仕組みを解明

http://news.mynavi.jp/news/2015/09/17/349/
岡山大学は9月17日、切断されたコオロギの脚が元の形に再生する仕組みを解明したと発表した。

同成果は同大学大学院自然科学研究科の濱田良真氏、富岡憲治 教授、医歯薬学総合研究科の板東哲哉 助教、大内淑代 教授らの研究グループによるもの。9月1日に英科学誌「Development」に掲載された。

フタホシコオロギの幼虫の脚を切断すると、脱皮を経て元の形に再生する。再生過程は傷口の修復、再生芽(再生する組織の元となる細胞の塊)の形成、再パターン形成(元の形態への形作り)に分けることができる。これまで、再生芽や再パターン形成にはエピジェネティック因子が関与していると考えられていたが、再生した脚が元の形に作り直される仕組みはわかっていなかった。

今回の研究では、再生芽で働いているエピジェネティック因子E(z)とUtxに注目。E(z)の働きを阻害した個体では余分な脚節が形成され、Utxの働きを阻害した個体では一部の関節が形成されなかった。さらに、E(z)阻害個体では脚節の形作りに必要な遺伝子が働く領域が拡大し、Utx阻害個体では関節の形成に必要な受容体の働きが一部で消失することを発見した。これらの結果からE(z)とUtxがヒストンというタンパク質を化学修飾することで、パターン形成遺伝子の働きを制御し、元通りに再生するように調節していると結論付けられた。DNAの化学修飾は脊椎動物などでしか使用されないが、ヒストンの化学修飾は単細胞生物の酵母からヒトまで使用されている普遍的なメカニズムだという。

近年、エピジェネティックなメカニズムとiPS細胞へのリプログラミングの関連も判明しつつある。同研究グループは、今後再生能の高い生物から「失われた組織を正確に修復する普遍的なメカニズム」を学び、iPS細胞などで臨床応用するための段階を登ることで、最終的な夢であるヒトでの再生医療が可能になることが期待されるとしている。
001.jpg

人工精子が作られた。


イギリスで世界初とされる、人工の精子の作成に成功しました。

不妊治療で寄付された男性の幹細胞が利用されたとのことです。

この研究によって男性不妊の治療に大いに貢献することになるだろうと言われています。自分の皮膚から取り出した裂片から人工的に精子を作ることで、遺伝子的に自分の子供を授かることができるそうです。

人工の精子を成功させたのはイギリスのニューキャッスル大学で、人間の幹細胞から精子を作り上げたと報告しています。人工の精子には頭部分と尾部分があり、普通の精子のように泳ぎまわっているとのことです。
http://www.dailymail.co.uk/health/article-1198132/Ethical-storm-flares-British-scientists-create-artificial-sperm-human-stem-cells.html

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース 2015年9月3日(木)

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
                    2015年9月3日(木)

ラエリアンのユダヤ人が、イスラエルのユダヤ人に向けて、イスラエルに対する保護が失われることに関する最終警告を試みる

8月27日ラスベガス
「今日、ラエリアンのユダヤ人は、地球上に生命を創造したエロヒム文明のリーダーであるヤーウェによる決定を、他のユダヤ人に伝えることを目的とした大キャンペーンを開始します。その決定とは、エロヒムがイスラエル建国以来与えてきた、イスラエルに対する保護を止めるということです」と、ラエリアン・ムーブメント・ユダヤ人支部の大ラビである、 レオン・メリルは言いました。

ヤーウェのメッセージは、ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者であり、エロヒム文明の代表者であるメシア・ラエルによって発表されたと、メリルは言いました。

「メシア・ラエルに伝えたように、ヤーウェは、イスラエルに住むユダヤ人の振る舞いを非難しています」とメリルは言いました。ヤーウェは特に、イスラエルのユダヤ人に呼びかけました。その呼びかけを引用すると、「あなたがたは、あなたがたのものではない土地や家屋を盗み、 特に、私の最も重要な命令である、『汝、殺すなかれ』を順守せず、 一度に何百万人もの人を殺すことができ、私たちの創造物をすべて破壊できる世界戦争を引き起こす核兵器を蓄積することによって、ユダヤ教の模範的な価値観をすべて裏切ってきました。その結果として、イスラエルに与えられてきた保護は、今日(8月6日)を限りに 完全に取りやめになりますので、真のユダヤ人は全員、できるだけ早くパレスチナの土地を去ることを私は求めます。」

メシア・ラエルは、イスラエルのユダヤ人が、絶対的非暴力という命令を尊重していないことによって、彼らに生じているリスクについて、繰り返し警告してきたと、メリルは言いました。

ラエルは次のように言いました。「何千人ではなく、たった一人でも、罪のないパレスチナ人が、イスラエルの権力者によって殺されたら、それは許されない犯罪になります。そしてその犯罪は、エロヒムの子供たちとして存在することにより、聖なる地に帰還する恩恵を受けた者たちによって遂行されているのです。」

そして、ラエルはまた言いました。「ユダヤ人であるということ、その最高の特権を享受しているということは、私たちの創造者たちの教えの、たった一つでさえ裏切ることは不可能になるという、他の模範となる倫理的厳しさが前提とされるべきです。イスラエルの人々は、この点において、世界的な役割の模範となる使命があります。彼らの優秀さが、そのような非常に優れた行動を取ることを強いるのです。このことは常に、彼らの創造者たちのメッセージでした。もしイスラエル人たちが400万人のガンジーとなるなら、惑星全体が後に続くでしょう。これが、イスラエル人が、他の人々以上に、“ 汝、殺すなかれ ” の命令に、 文字通りに従わなければならない理由なのです。」

メシア・ラエルは以前も同様の警告を出したことがあると、メリルは言いました。
「もし一人の罪のないパレスチナ人が殺されたら、すべてのユダヤ人は、それがただの復讐だとして見て見ぬふりをする代わりに、あるいは、自分たちのすべての犯罪を正当化するために、自分たちの側の、テロリストの攻撃の犠牲者に目を向けさせる代わりに、心から謝罪をするべきです。」

「この暴力の悪循環によって、私たちの創造者たちの我慢も限界まで達し、今やイスラエルのユダヤ人は、自力でパレスチナの地で生き延びなければならないことになります。」メリルは言いました。「私たちの心は、正義感を持ち、イスラエルの軍事支配の危害を止めさせるためにベストを尽くしている、そこに暮らしているすべての愛する人々に対して向かっています。これらの人々は、イスラエルはもはや聖なる地ではないこと、パレスチナを離れることによって、人類を救うために私たちの活動に参加するべきだということを、知る必要があるのです。」

ラエリアン・ユダヤ・コミュニティについてのさらなる情報は下記のサイトにあります。
http://www.jews4rael.org/
2015年8月26日(水)



UFO展 地球人は科学的に創造された!

20150913_img

Pagination

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR