ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
6月
「ラエルアカデミー」
 ☆日時:6月11日(日)~16日(金)
 詳しくは以下をご確認ください↓
https://www.raelianjapan.jp/ah71-raelacademy-1

Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

喫煙女性の胎内で、赤ちゃんが苦しがる姿が映し出される!! 恐ろしいタバコの害がまた一つ判明

http://tocana.jp/2015/03/post_6065_entry.html
 日本で販売されるタバコには、パッケージの30%以上の面積を使った警告表示が義務づけられているが、現在8種類が存在する警告文の一つに『妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は、吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。』というものがある。妊婦の喫煙は、自身のみならず赤ちゃんの命をも危険に晒す行為であるというわけだ。

 そして今回、この事実を如実に示す驚くべき研究結果が、学術誌「Acta Paediatrica」上で発表された。なんと、喫煙者の胎児は、非喫煙者の胎児よりも、頻繁に顔や口元に手を据えていることが確認されたというのだ。今月23日の英紙『テレグラフ』は、「胎児が苦しがっている様子だ」などとショッキングな表現で報じている。

 研究を指揮したのは、英・ダラム大学で胎児の発育を専門に研究しているナジャ・ライスランド博士の研究チームだ。ジェームスクック大学病院に通院する妊婦20人から協力を得た研究チームは、妊娠24・28・32・36週の時点における胎児の様子を、4D超音波写真で観察した。4D超音波とは、胎児の細かい表情や仕草のすべてをリアルタイムで映し出すことができる最新技術である。

https://www.youtube.com/watch?v=mUjZlx3x8cU
 そして判明したのは、平均14本/日のタバコを吸う妊婦4人の胎児は、たばこを吸わない妊婦の胎児と比べて、顔や口元に手を持っていく回数が明らかに多いという事実だった。通常、胎児が自分の顔や口元に触れようとする回数は、発育が進んで出産が近くなるほど減少するという。そのためライスランド博士は、予備研究の結果も踏まえ、これは「妊婦の喫煙が胎児の中枢神経系に発育の遅れを生じさせる」証拠であるとした。

 さらにライスランド博士は、「母体へのストレスと喫煙の相互作用を含め、影響を精査して確証を得るためには、もっとサンプル数を増やした大規模な調査が必要です」と前置きした上で、喫煙によって胎児の発育に差が生じるという事実だけでも、妊婦に禁煙の重要性を理解させる上で有効だという。そして、妊婦の喫煙をただ非難するのではなく、禁煙するための支援が求められていると訴えた。また、研究に参加したランカスター大学のブライアン・フランシス博士は、「喫煙が胎児の発育にどのような影響を及ぼすのか、テクノロジーによって、今まで気づかなかった事実が明らかになってきました」「妊娠中の喫煙が危険であることの新しい証拠です」と述べている。

 幸運にも、被験者の妊婦たちは、全員が無事に健康な新生児を出産したようだが、今回の研究結果に鑑み、妊娠中の喫煙は特に強く戒められるべきと言えそうだ。妊婦の命は自分1人のものではない上、赤ちゃんは自らタバコの害を避けることができないのだから……。
スポンサーサイト

九州方面トランスミッション in 熊本

九州方面トランスミッションのご案内

  トランスミッションとは、創造者エロヒムのコンピューターに細胞の設計図 (個々人のDNA配列)
  を伝送するイベントです。
 
  「地球人は科学的に創造された!」「宇宙人からのメッセージ」「真実を告げる書」の
  どちらかをお読みになられて、下記の内容を理解された方々にとりまして、
  とても重要なイベントになります。

  「地球人類は、エロヒム(天空から飛来した人々)によって、
            DNAを合成して科学的に創造されました。」 

  無料でご参加して頂けます♪

  トランスミッション受礼予定されない方もご自由にご来場ください。


 ※トランスミッションについて詳しくはここをご覧ください。

     トランスミッションは15時丁度に行われます。
          遅れずにお越しください。     

★  日時: 4月5日(日) 14:00~16:00

★  場所: やつしろハーモニーホール 3階 第2小会議室
  〒866-0854 熊本県八代市新町5番20号
  TEL 0965-53-0033
 会場のホームページ  http://www.harmony-hall.net/
  会場への案内地図   http://www.harmony-hall.net/map.html
★ お問い合わせ: 
   蔵元 哲志 TEL 0965-31-5206 E‐mail srx605@gmail.com

がん診断、尿1滴で可能に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150312-00000006-jij-sctch
 体長1ミリほどの線虫を使い、がんの有無を1滴の尿から高い精度で判別することに成功したと、九州大などの研究チームが発表した。早期のがんも発見でき、実用化されれば簡単で安くがん診断が可能になるという。研究チームは「精度の向上などを進め、10年程度で実用化を目指したい」としている。論文は11日付の米科学誌プロスワンに掲載された。
 がん患者の呼気や尿には、特有のにおいがあることが知られており、「がん探知犬」を使った診断手法が研究されている。しかし探知犬は育成に時間がかかり、普及には課題が多い。
 九大の広津崇亮助教と伊万里有田共立病院(佐賀県有田町)の園田英人外科医長らの研究チームは、体内に寄生した線虫アニサキスを手術で取り除こうとした際、未発見の胃がん部分に集まっていたことに着目した。
 研究チームは、実験動物として使われる線虫C・エレガンスを用意。この線虫は犬と同程度の嗅覚受容体を持ち、好きなにおいに集まり、嫌いなにおいから逃げる習性(走性行動)がある。事前の実験で、がん細胞のにおいを好むことが分かった。
 研究チームは健常者218人、がん患者24人の尿を採取。実験皿の上に1滴ずつ垂らし、線虫の走性行動を調べた結果、健常者207人と、がん患者23人を正しく判定した。がん患者をがんと診断できる確率は95.8%に達し、がんの種類や進行度にかかわらず判別できた。
 血液を調べる腫瘍マーカーで、同じ患者らを検査した結果は16.2~25%だった。 
 がん患者24人のうち5人は、採尿時にはがんが見つかっておらず、従来のがん検診で見つからない早期がんも判別できる可能性が高いことも分かった。

UFO・ミステリーサークルパネル展 講演会 in 福岡天神 の模様

天気予報で雨のはずが何故か雨もあがり、福岡市内で最大の繁華街天神の裏通りの
歓楽街(カラオケ店舗多数)西通りで開催されました。
ここでもチラシや看板を見て、興味ある人たちが来場され、熱心にパネルをみたり、ガイドの話を聞いておられました。

20150315_2

20150315_1


20150315_5
201503_4.jpg

20150315_3

UFO・ミステリーサークルパネル展 講演会 at 福岡天神

チラシ20150315
1973年12月13日、ラエルは異星人エロヒムより地球人類
の過去と未来に関する重要なメッセージを受け取りました。
そのメッセージには、私達人間を含む地球上の全ての生命は、
彼ら異星人エロヒムによって創造されたと明かされています。
過去の宗教文献や古代遺跡に印された異星人エロヒムの
痕跡を探ります。


入場無料です。
お気楽にご来場ください。


日時 3月15日(日) 11時~17時

「UFO・ミステリーサークルパネル展 講演会」 ビデオ上映あり

お問い合わせ  
大長 政徳 TEL 090-7166-4528  E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp


場 所: 大央ホール
    住所:福岡市中央区大名2-6-1 福岡国際ビルB1F
    TEL:092-731-0001
      http://www.daio-group.co.jp/access/


Pagination

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR