ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
6月
「ラエルアカデミー」
 ☆日時:6月11日(日)~16日(金)
 詳しくは以下をご確認ください↓
https://www.raelianjapan.jp/ah71-raelacademy-1

Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

UFO・ミステリーサークルパネル展 講演会

1973年12月13日、ラエルは異星人エロヒムより地球人類
の過去と未来に関する重要なメッセージを受け取りました。
そのメッセージには、私達人間を含む地球上の全ての生命は、
彼ら異星人エロヒムによって創造されたと明かされています。
過去の宗教文献や古代遺跡に印された異星人エロヒムの
痕跡を探ります。


入場無料です。
お気楽にご来場ください。


UFO・ミステリーサークルパネル展 講演会 ビデオ上映あり
日時:11月23日(日)11:00~17:00
講演会は14:00~16:00を予定しています。

場所:北九州市立美術館 黒崎市民ギャラリー
  北九州市八幡西区黒崎三丁目15-3 コムシティ3F
  TEL 093-644-5206
http://www.walkerplus.com/spot/ar1040s65410/

お問い合わせ  
  大長 政徳 TEL 090-7166-4528  
E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp
スポンサーサイト

iPS細胞使い肌細胞若返り

iPS細胞使い肌細胞若返り 67歳→36歳 コーセー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000009-asahi-bus_all

 コーセーは15日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、67歳の日本人男性の肌の細胞を、同じ人の36歳時点の肌とほぼ同じ状態に若返らせることに成功したと発表した。同じ人から1980年以降、定期的に提供を受けていた、36~67歳の五つの異なる年齢の肌の細胞を、京大のiPS細胞研究所でiPS細胞にした。同社が分析したところ、老化の指標となる染色体の状態は五つのすべての年代で回復し、67歳時点のものも36歳時点とほぼ同じ状態になった。

 同社は今回の結果を使い、老化のメカニズムを解明していく。まだ基礎研究の段階だが、将来的には、一人ひとりの肌アレルギーに対応したオーダーメード化粧品の開発にもつながるという。

20年後には「閉経」がなくなる?!

20年後には「閉経」がなくなる?!―英学者発表
http://news.livedoor.com/article/detail/9350519/
卵子の老齢化による妊娠への障害、更年期障害などは、医療技術の進歩により過去の話になるかもしれません?!
英ケンブリッジ大学での研究や、加齢への再生医療適用を研究する米非営利団体「Sens Research Foundation」の創立で知られる、幹細胞研究のパイオニア、オーブリー・デグレイ博士がタイムズ誌に語ったところによると、卵巣の老化をコントロールすることが20年以内に可能になるとのこと!

同氏は、最近の幹細胞・再生医療技術の急速な発達により、卵巣の老化を止めたり、はたまた若返らせることができることから、女性の妊娠における年齢制限は実質的に無くすことができる、と説明。

卵巣は臓器の一つであり、他の臓器に使われている老化阻止の治療を適用しない理由はないと述べ、「人工心臓のように細胞組織を操作することで完全に新しい卵巣を作りだすことも可能」であり、様々な可能性があるとしています。

こうした彼の研究に対し、PayPalの創業者であり様々な投資活動で知られるピーター・ティール氏などをはじめ、膨大な資金援助が集まっているのだとか。

他の専門家もまた、女性の生殖機能をめぐる医療技術が大きく発達してきている、と指摘しています。エジンバラ大学の生殖を専門とする生物学者、Evelyn Telfer氏も同様にタイムズ誌にコメントしており、早期閉経の治療が可能となる兆しが見えている、と話しています。

同氏によると、女性の卵子は生まれる前に出来ていて数が決まっており、増えることがないものという定説があるものの、卵巣は閉経後も未発達の卵胞を保持する貯蔵庫のようなものを持っているという研究結果が増えてきているとのこと。

将来的には、その卵の活用によって閉経を遅らせることが可能になるとみています。

ガラガラヘビの動き、ロボットに応用へ

ガラガラヘビの動き、ロボットに応用へ
砂丘を登るのは、どんなに敏捷な人でも容易ではない。しかし一部のヘビは苦もなく登ることができる。ヨコバイガラガラヘビとヘビ型ロボットを使った最新の研究で、独特の動きをするヘビの希有な能力の秘密が明らかになった。
 研究者は今回の発見について、都市部での救難活動でがれきの中を捜索できたり、遺跡発掘現場など人が入りにくい場所を調査できるようになるといった、ロボットの改良につながる可能性があると期待を寄せている。

 今回研究対象となったのが、砂漠に生息するヨコバイガラガラヘビ(Crotalus cerastes)、英名サイドワインダー(sidewinder)だ。米国南西部やメキシコ北西部の砂地に巧みに適応している。このヘビは体をくねらせながら、頭が向いている前方には進まず、「横ばい(sidewinding)」と呼ばれるS字型の動きで横に移動する。
ジョージア州アトランタにあるジョージア工科大学の生物物理学者で、今回の論文の首席著者ダニエル・ゴールドマン(Daniel Goldman)氏は、「サイドワインダーは、美しいダンスのような動きで砂の上を滑らかに移動していく。目を奪われる素晴らしい能力だ」と話す。「その上、彼らは全く滑らない」。

 この横ばい運動こそが砂丘を巧みに上る秘訣なのか確かめようと、研究者らは実験を開始した。

 研究チームは生きたヘビを高速度ビデオで撮影したほか、さまざまに設定を変えたヘビ型ロボットの動きを調べた。その結果、横ばい運動は上下と前後の波状の動きが組み合わさっていることが分かった。これによりヘビの体と砂との接地面積が増え、滑るのを防いでいたのだ。 ・・・・
(記事全文)→http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141010004

子宮移植手術受けた女性が出産、母子共に健康
http://www.yomiuri.co.jp/science/20141004-OYT1T50029.html?from=ycont_top_txt

CEATEC 2014 Vol.7】東芝が「手話のできる人間型アンドロイド」“地平アイこ”さんを出展
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141006-00000036-rbb-sci

中国が米国を世界一の経済大国の座から締め出した

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/397885/

8日付でのロシアの声は「中国が米国を世界一の経済大国の座から締め出した」との見出しで、中国が購買力平価(PPP)ベースの国内総生産(GDP)で米国を抜いたと報じた。9日付で環球網が伝えた。

国際通貨基金(IMF)が8日に発表した。中国のPPPベースのGDPは17兆6320億ドル、一方の米国は17兆4160億ドルだった。中国の経済規模が米国を抜いたのは初めて。IMFは、中国と米国の差は来年、1兆ドルに達すると指摘。中国は19兆2300億ドルに上り、米国は18兆2860億ドルにとどまるとの予測を示した。

現行の算出方法によると、米国のGDPは16兆8000億ドルと中国の10兆4000億ドルを大きく上回り、世界一となっている。

[英語版]http://rt.com/business/194264-china-surpass-us-gdp/

10月7日九州トランスミッションの模様

10月7日の九州トランスミッションでは九州の各県からラエリアン家族が集まりました。

69ah1007TM

がん退治する抗体発見

がん退治する抗体発見 血液中から岡山大
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014092501001798.html
 肝がんや肺がんなどさまざまながん細胞の増殖を抑え、退治する新たな抗体を人の血液中から発見したと、岡山大病院消化器内科の三宅康広助教らのチームが25日発表した。副作用の少ない抗がん剤などの開発につなげたいという。

 抗体は、特定の物質を認識して攻撃する働きがあり、チームによると、健康な人の体内でも毎日数千個のがん細胞ができるが、種々の抗体や免疫細胞が排除している。

 三宅助教らは細胞膜表面にあるタンパク質の一つで、がん細胞で多く見られる「RPL29」に注目。

 人のRPL29をマウスに注射して作り出した抗体の溶液を、人の肝がん細胞に振り掛けて増殖状況を調べた。


海王星サイズの惑星で水蒸気を発見 - 大気が澄んでいたため観測が実現
http://money.jp.msn.com/news/mynavi/%E6%B5%B7%E7%8E%8B%E6%98%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%AE%E6%83%91%E6%98%9F%E3%81%A7%E6%B0%B4%E8%92%B8%E6%B0%97%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A6%8B-%E5%A4%A7%E6%B0%97%E3%81%8C%E6%BE%84%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%82%81%E8%A6%B3%E6%B8%AC%E3%81%8C%E5%AE%9F%E7%8F%BE-1

ロボ10体が踊る、新型は「チア」部 村田製作所
http://www.asahi.com/articles/ASG9R0S31G9QPLFA014.html

Pagination

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR