ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
6月
「ラエルアカデミー」
 ☆日時:6月11日(日)~16日(金)
 詳しくは以下をご確認ください↓
https://www.raelianjapan.jp/ah71-raelacademy-1

Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功

★ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功
http://gigazine.net/news/20140828-brainwave-transmission/

脳科学の分野においては、脳波を解析して実際に何を考えているのかを解析する研究が進んでおり、頭で考えるだけで手足を使わずに飛行機を操縦する実験が成功を収めています。さらに別の研究チームによる実験では、測定した脳波をインターネットで送信し、別の人物の脳へと電気信号を送り込むことで情報を伝達するという試みが成功を収めたことが明らかにされています。・・・・・・・・

★1・5倍切れにくいシルク クモ糸の遺伝子、カイコに組み込み 熱にも強く
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140828/scn14082807440001-n1.htm

★歳をとると眠れなくなるのは“脳内スイッチ”の老化が原因:ハーバード大研究
http://irorio.jp/karenmatsushima/20140824/157132/
スポンサーサイト

水面に浮かんだ物体を「波」で自在に操作する

★水面に浮かんだ物体を「波」で自在に操作する:研究開発(動画あり)
波のサイズや周波数を調整することで、水面に浮かんだ物体を引き寄せたり遠ざけたり、あるいは水面に静止させたりする技術が開発された。
オーストラリア国立大学の研究チームが、水面で作用する「トラクタービーム」(SF映画に登場する「物体を引き寄せる光線」)を開発した。
「光のトラクタービーム」で粒子を動かす近年の研究成果にヒントを得たというこの技術は、波を発生させる装置を使って物体を操作するもので、チームは水槽に浮かべたピンポン球で実験を行っている。
「われわれは、水に浮かんでいる物体を操作して、波が来るほうへ動かしたり、波と同じ方向へ動かしたり、または流れの中で静止させることに成功した」と、今回のプロジェクトを率いたホースト・パンズマン博士は述べる。
波のサイズと周波数を調整することで、「ほぼどんな形の表面流もつくり出す」ことが可能だという。
現時点では、水に浮かんだピンポン玉の動きを制御するのに用いられているが、研究チームによると、
この技術を用いて発生させた複雑な3次元の波は、たとえば流出した油を集めたり、船舶を動かしたり、
漂流物を除去したりといった用途への応用が考えられるという。
http://wired.jp/2014/08/21/wave-tractor-beam/

★<iPS細胞>肺胞に分化…肺の再生医療に光 京大グループ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140822-00000000-mai-sctch

★記憶力向上関与のたんぱく質発見
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140822/k10013988211000.html

ニューロン幹細胞移植が成功

★脳への「ニューロン幹細胞」移植に成功:パーキンソン病治療へ
マウス実験において、皮膚細胞をリプログラミングしてつくったニューロン幹細胞を脳に移植したところ、6カ月後には完全に機能するようになった。神経変性疾患に治療の道が開けるかもしれない。
http://wired.jp/2014/08/14/brain-cell-implant/

★エイズの根治治療なる? 研究者がヒト細胞からのHIV完全除去に成功
http://news.livedoor.com/article/detail/9139684/

★脊髄損傷でも歩ける?…腕への「信号」で脚動く
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140814-OYT1T50102.html?from=ycont_top_txt

★幹細胞移植で小腸組織再生=マウス実験で成功―東京医科歯科大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140816-00000023-jij-sctch

ニール・ドグラース・タイソン博士、遺伝子組み換え食品を擁護

ニール・ドグラース・タイソン博士、「落ち着きなさい」と遺伝子組み換え食品を擁護
Tyson博士の主張は、
「野生の種無しスイカはありません。野生のウシもいません。人類が栽培を始めた時から食べてきたすべての食べ物―植物と動物―は、システマティックに遺伝子組換えされてきました。それはartificial selection(人為淘汰、人為選択)と呼ばれます。
つまり、どのようにして遺伝子組換えが行われてきたかということです。今や、私たちはラボでそれをすることができます・・・私たちが必要を満たすために世界中のbiology(生物学)を改良(modifying)し続けてきたのに、まったく突然にあなたたちは苦情を言いだしました。私たちが何万年も遺伝子組換えをしてきたという理由から、それには一切問題がありません。ですから、どうか落ち着いてください」
というものだ。
http://www.foocom.net/column/gmo2/11469/

弥勒菩薩ラエルのコメント:彼は100%正しいです!

レーザーで脳内を見る方法が開発される

★スタンフォード大、レーザーで脳内を見る方法を開発
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20140807_661402.html
 米スタンフォード大学は6日(現地時間)、レーザーとカーボンナノチューブを利用して、生きた生物の脳内の血流を可視化する方法を開発したと発表した。

 現在、脳内を検査する方法は、外科手術を行なうものと、CTやMRIなど非侵襲的なものの2種類に大別される。前者の場合、脳を直接観察できるが、手術によって脳の活動に影響を及ぼしたり、免疫反応などを生じる場合がある。一方後者は、手術などは不要だが、個々の血管や神経細胞のグループなどを可視化することはできない。

 そこでスタンフォード大の研究者グループが開発したのが、Near Infrared-IIa(NIR-IIa)と呼ばれる手法で、可溶性のカーボンナノチューブを血管に注入した上で、近赤外線レーザーを頭に照射する。このカーボンナノチューブは、波長1,300~1,400nmで蛍光するよう設計されており、この波長は、光をほとんど拡散させることなく頭の内部に通すことができ、血管内のカーボンナノチューブに届いて、内部から血管を発光させることができる。

 この手法を用い同グループは、マウスの頭皮の3mm内部における毛細血管の1本1本までを観察することに成功した。現在はマウスでの実験段階だが、今後、レーザーの透過深度を増し、カーボンナノチューブのしかるべき認可を取得し、ヒトへの臨床を進める。アルツハイマーやパーキンソン病は、脳の特定部分の血流の変化によって引き起こされるとの研究もあり、今回の手法がこれらの治療につながる可能性もあるという。また、脳内の神経細胞活動の調査にも適用できる可能性がある。

★70年使えるリチウムイオン電池、シャープ・京大が開発
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG03003_U4A800C1TJM000/?dg=1

★脳型コンピューター、実用化に道 米IBMがチップ開発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000015-asahi-sci

★エボラ熱治療薬候補に 富士フイルムの薬 米で手続き
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM0701X_X00C14A8FF1000/

九州方面トランスミッションセレモニー&パーティ

ラエリアンムーブメント賛同者の皆様で、まだトランスミッションを受けられていらっしゃらない方へ

 以下の映像をご覧くださいませ トランスミッションがどのように行われるのかを見ることができます。

 ラエリアンの司祭・司教ガイドたちが自らの手を水に濡らし、皆様の額に数秒だけ手を当てるだけで済むという極めて簡単なものです。

 トランスミッション実施の前には説明会があり、皆様からのご質問にもお答えいたします。

 次回のトランスミッションは8月6日の午後2時から開催されます。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております!


トランスミッションの詳細説明はこちら


トランスミッション会場詳細はこちらから


<九州会場>
日 時  8月6日(水) 14時~16時

場 所  ホテル熊本テルサ 2F りんどうの間   
熊本市中央区水前寺公園28-51
         TEL 096-387-7777
http://www.kumamoto-terrsa.com/

お問い合わせ  
蔵元 哲志 TEL 0965-31-5206  E‐mail kura666666@yahoo.co.jp

戦争反対:数千人の日本人が憲法解釈拡大に反対の声を上げる

 集団的自衛権:首相官邸前で抗議デモ 数千人が参加
6月30日の夕方から深夜にかけて、首相官邸前で市民団体などによる抗議デモが開かれた。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/30/jieiken-demo_n_5543404.html

   http://mainichi.jp/select/news/20140702k0000m040117000c.html

  [英語版 元記事]
   http://rt.com/news/169448-japan-protest-military-law/

Pagination

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR