ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

九州方面イベント案内
4月
「福岡UFO科学展&トランスミッション」
      ※世界エロヒム大使館Day同時開催
 ☆日時:4月2日(日) 11:00~16:00
 ☆場所:太宰府館
       福岡県太宰府市宰府三丁目2番3号            http://www.dazaifu.org/map/tanbo/tourismmap/15.html
        西鉄天神大牟田線 太宰府駅下車、徒歩約2分
       TEL 092-918-8700
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳  
     TEL 090-7166-4528  
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp

Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
2013年7月23日(火)
 
ラエルはスノーデンを「ラエリアン・ムーブメントの名誉ガイド」であると
公表し栄誉を授けます。

 
7月21日ラスベガス
ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルは、元国家安全保障局の
職員であるエドワード・スノーデンに「人類の名誉ガイド」という称号を授け
ました。その授与にあたりラエルは「世界的なアメリカの監視プログラムの
詳細を暴露したことにより、スノーデンは人類のために大きな貢献をした」
と述べました。
 
「スノーデンは真の英雄です。人々が超管理主義的政府という害悪によっ
て支配されることのない、平和で自由な未来を手にするために、世界には
彼のような人が大勢必要です」と、ラエルは以前発表された声明の中で言
いました。「そのような政府は、偽りの『安全』の名の下に、人々のプライバ
シーを侵害し、ロボットのように重労働させて物を作らせ、人々を管理しよ
うとしています。現代の技術をもってすればそのような労働はもはや必要あ
りません。政府はただ、既に世界の富の80%を所有しているほんの少数
の資本家をより裕福にしているだけです」
 
ラエルは、こ の流れに逆らう人たちを高く評価しています。
 
「高い給料を失うことや刑務所に入れられる危険性を顧みず、自由やプラ
イバシーという、より高い価値観の下に行動する人たちがいるのを見ると、
とても勇気付けられます」とラエルはスノーデンの例を挙げて言いました。
 
ラエルはまた、この件に関するオバマ大統領のコメントについて言及しま
した。
 
ラエルはまた、100%の安 全と100%のプライバシーと0%の不便さのす
べてを満たすことはできない、というオバマ大統領の声明についてコメント
しました。「オバマは全く正しいです。だからこそ、プライバシーも自由もな
い超管理主義社会になるよりも、不安要素がある社会のほうが良いので
す」とラエルは言いました。「世界はあまりに安全を求めすぎています。リス
クは精神的にも肉体的にも良いものです」
 
ラエルは言いました。「かつて、ある哲学者が言ったように、最も大きなリス
クとは、全くリスクを冒さないことです。この原則は、私たちの健康にも当て
はまります。危険な病原菌と接触するリスクを冒し、あらゆるものを殺菌す
ることをやめれば、私たちの免疫系はさらに強化されます。精神の健康に
もそれは当てはまります。リスクを冒し、冒険に満ちた人生を送り、恐怖心
を打破するならば、私たちの脳はより強くなります。またそれは、世界全体
にも当てはまります。世界中のすべての国の軍隊を解体するというリスク
を冒せば、世界はもっと平和になるでしょう」


プレスリリースへのご意見・ご質問及び日本ラエリアンムーブメントの瞑
想セミナー情報、またインタビューについては、以下の広報担当までお問
い合わせください。
-------------------------------------------------------------------
ラエリアン・ムーブメント rael.org 及び press.rael.org について
ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、
地球上の生命が、聖書原典においてエロヒムとして知られる異星人の文明
により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。
会員数は世界104カ国、70,000人にのぼり、この異星人がマイトレ
ーヤ・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開して
います。それは、彼ら異星人エロヒムを公式に迎えるための大使館の建設、
及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。
ラエリアン・ムーブメントは、その非順応主義と政治的には正しくないそ
の哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

    インタビューまたは更に詳しい情報をご希望の場合は
       次の連絡先までお問い合わせください

非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント http://www.rael.org
広報担当 斉藤周二  www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp

本メールはあくまで参考情報としてのみお送りするもので、営利的な宣伝
の意図は全くありません。もしも、間違ってこのメールを受け取られた場
合、あるいは今後私共からメールを受け取ることを望まれない場合は、件
名に"Stop"と記した本文が空文のメールをjrm_press@yahoo.co.jp までお
送りください。
貴方には貴方個人のデータにアクセスし、修正及び削除、または拒否する
権利があります。

********************************************************************



楽園主義とは   ↓



楽園主義は一種の政治体制で、共産主義と似ていますが、「労働者階級」が存在しません。楽園主義体制では、ロボット、ナノボット、コンピュータが、労働 者階級もしくは労働力に取って代わります。
楽園主義は、ロボット工学や遺伝子工学、ナノテクノロジーのような新しいテクノロジーを基盤とします。
一人の人間も関与することなく効率的に運営されるすべての生産手段、サービスや資源も国有化することができます。
ロボットによって提供される全生産手段、サービスの国営化によって、これらの製品、サービス、生産手段が無料となるのであればお金というものの存在意義は失われます。
共産主義が失敗したのは、まさに労働者階級が存在したことで非効率性が生み出されたためです。経済的に利益を得るという動機付けがなかったため、人々は一生懸命働いたり創造的な解決法を考え出そうという気になりませんでした。生産を自動化することで、この問題はなくなります。なぜなら、コンピュータやロボットは100%効率性を追求するようにプログラムすることができるからです。さらに、コンピュータやロボットは、休憩することも、眠ることも、休日をもら う必要もないので、人間よりもさらに生産的で活動的になれます。
楽園主義における国有化には、個人宅以外のすべての土地家屋が含まれます。
楽園主義体制では、選ばれた政治家は人類に奉仕するためだけに働きます。彼らには経済的な利益や権力は一切ありません。
楽園主義は、まずすべての人があらゆるものを無料で手に入れることができる貨幣のない世界の利点を理解する人々によって民主的に受け入れられる必要があります。例えば、すでに世界中で車がロボットによって生産され、ほんの少数の人だけがそれに関わっています。その人たちでさえ、まもなく完全にロボットに取って代わられるでしょう。
同様のことが食料品にも当てはまります。農場で生産される野菜は、すでに存在しているテクノロジーを使ってロボットによって収穫されるようになるでしょう。しかも自動トラックが生産物を直接消費者に届けます。消費者はインターネットで生産物を注文します。
サービスもまったく同じ方法で提供されます。例えば、外科手術ロボットはすでに人間の外科医よりも正確に仕事を行っています。
人間ができるあらゆることは、ロボットのほうがより上手にできます。
従って、お金のためだけに働く代わりに、人間はロボットにすべての仕事を任せ、創造、研究、調査、芸術の追求、あるいは瞑想、自己啓発など、好きなことに自分の人生を費やすことができるのです。このような状況のもとで、世界は遂に楽園のレベルに到達することでしょう。そういうわけで、この体制を『楽園主義』と呼びます。
楽園主義体制はすでにエロヒムの惑星では導入されています。それは人類にとって唯一可能な次なる段階です。その過程を経て、世界的共有化(世界規模の国有化)が実現します。楽園主義体制における国有化は、自動的に単一の世界政府へと発展し、その下で世界のすべての資源が世界的に共有されることは全人類にとって全く公正なことです。
この惑星のいたるところで多くの人々が楽園主義の政党を立ち上げ、この考えを広めることを私は期待します。楽園主義はいずれにせよ、まもなく実現します。それでも、実現するのが早いに越したことはありません。というのも、そうしなければ、現在のあらゆる経済および財政体制が世界中で崩壊したとき、今よりひどい壊滅的な経済恐慌によってさらに人々が苦しむことになります。楽園主義が実現すればそれを回避することができます。

国際ラエリアン・ムーブメント創始者 ラエル


こちらは人類の平和と安全・幸せを願う 不死の秘密を手に入れた
人類の創造者エロヒムからの人類の起源についての愛のメッセージです。    ↓



http://www.rael.org/seminars?c=5&s=168


-宇宙人からのメッセージ 無料ダウンロード






全国各地の「エロヒムのメッセージ」講演会情報が以下のサイトからご覧頂けます↓
www.mugendo.co.jp

九州方面の公式ブログ
http://susumu666.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

ラエリアンは、第4回卍復刻記念日が世界的に認められるよう求めます

国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
                  2013年7月17日(水)

ラエリアンは、第4回卍復刻記念日が世界的に認められるよう求めます

7月17日ラスベガス
 先日、アメリカのテレビのクイズ番組"Jeopardy"の中で、「アジアの宗教」
というカテゴリーの際に、ある映像ヒントが画面に表示されました。それは、
古代の門にまんじが描かれている写真でした。音声は次のように流れていまし
た。
「この古代のシンボルは、アジアのいくつかの宗教に見られるもので、ナチス
によって使用される前までは、平和と善意と幸運のみを象徴するものでした」

 これこそまさに、国際ラエリアン・ムーブメント(IRM) が西欧の主要
メディアに取り上げてもらいたい情報です。IRMのメンバーは7月20日の
第4回卍復刻記念を世界中で祝い、宣伝する準備をしています。

「まんじという古代の名誉ある遺産とその肯定的な意味は、多くの東洋の国々
でよく知られているものです」とラエリアンのガイドであり、まんじ促進同盟
の代表、トマス・カエンズィクは述べました。「でも、私たちは、世界の他の
地域の人々にも彼らが知っていることを知らせたいのです。そうすれば、この
何十億人もの人々にとって大切なシンボルを完全に復刻させることができます
から」

 崇拝されてきた古代の遺産であるまんじを祝う創造性豊かなイベントが、
7月20日日曜日に、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、オーストラリアの多くの
都市で、そしてテルアビブを含む中東の都市でも開催されると、カエンズィク
は言いました。
 ナチの時代以前に描かれたまんじが、地球上のあらゆる場所で見られ、また、
まんじを悪名高いナチ政権としか関連付けられない人々が通常びっくりする
ような場所でも見られる、と彼は指摘しました。

「イスラエルの古代の遺跡や1930年代以前に作られた遺跡(1)で、まんじが
使用されているのを見ることができます」とカエンズィクは言いました。
「さらに、イタリアのベロナにあるものも含め、1930年代以前の世界中の
ユダヤ教の礼拝堂の多くにも、まんじが描かれています(2)。かつてまんじ
は、ユダヤ人にとって肯定的な意味しかなかったのです」

 まんじはラエリアンにとって特別なものです。それは、2つの重なった三角形
と合わさって、ラエリアンのシンボルを形作っているからです。

「私たちのシンボルにあるまんじは、時間の無限性を象徴し、重なり合った
三角形は空間の無限性を象徴しています」とカエンズィクは説明しました。
「私たちは、このシンボルマークを、世界中で毎年開催されるハピネス・
アカデミーで取り上げています。一番最近はメキシコで開催されました。
また私たちは、私たちにこのシンボルマークを伝えてくださった私たちの
創造者エロヒムを称えながら、私たちの哲学に従って、シンボルマークを
一年中使用しています」(ラエリアンがまんじを形作っている写真が3
にあります)。

 ラエリアンは、10億人の信者を持つ世界のヒンドゥー社会に対し、もうすぐ
開催される卍復刻記念日のイベントに参加してもらえるよう特別に訴えている、
と彼は言いました(4)。

「東洋やその他の場所に住むヒンドゥー教徒たちが、西洋に住むヒンドゥー仲間
のために立ち上がってくれることを期待します」と彼は言いました。
「ラエリアン、ネイティブ・アメリカン、ヒンドゥー教徒を含む西洋に住む多く
の少数派グループは、彼らの信仰にとって非常に重要なこのシンボルを公に崇拝
すると、差別を受けます。先日、米国の学校に通うあるヒンドゥー教徒の子ども
が、祝日をテーマにした課題でまんじを描いたために、特別なカウンセリングと
その他の是正措置を必要とするとされました。(5)”

 去年の卍復刻記念日に、ラエリアン・ムーブメントは、多くの西洋の主要都市
近くにある海岸で、まんじを描いたのぼりを掲げました。

「今年もまた、米国とカナダの空にまんじをテーマにしたのぼりを掲げる予定
です」と彼は言いました。「でも本当に重要なのは、このシンボルの本当に意味
すること、その肯定的な意味を世界中で証明し、認めてもらうことです。
これは、世界的な再教育の取り組みです」

 ラエリアン・ムーブメントは、まんじを自分たちの象徴として使用している
すべての宗教のメンバーと、宗教的自由を信じる人たちに、卍復刻記念日に
集まるよう求めています。

「まんじは、何千年もの間世界中で、幸福と幸運のシンボルとして使われて
きました。ですから、それをナチスが使用したからといって醜いものとして
解釈する西洋の人々は、何百万人の人々が自分の宗教を自由に信じる権利を
否定していることになります」と彼は言いました。「今こそ、この素晴らしい
シンボルを完全に復刻させ、20世紀にそれを乗っ取った人たちが残した汚点を
払拭する時です」

1 http://www.proswastika.org/israel
2 http://www.proswastika.org/news.php?extend.141.6
3 http://www.proswastika.org/news.php?extend.300
4 http://www.proswastika.org/news.php?extend.296
5 http://www.proswastika.org/news.php?item.20.1

☆――――――――――――――――――――――――――――――――――☆
プレスリリースへのご意見・ご質問及び日本ラエリアン・ムーブメントの
セミナー・講演会等のイベント情報、またインタビューについては、以下
の広報担当までお問い合わせください。
-------------------------------------------------------------------
ラエリアン・ムーブメント rael.org 及び press.rael.org について
ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、
地球上の生命が、聖書原典においてエロヒムとして知られる宇宙人の文明により、
DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。会員数は世界
104カ国、80,000人にのぼり、この宇宙人が弥勒菩薩・ラエルにもたら
したメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。それは、彼ら宇宙人
エロヒムを公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広める
という目標を持っています。
ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学
を通じて、世界に波紋を投げかけています。

      インタビューまたは更に詳しい情報をご希望の場合は
        下記の連絡先までお問い合わせください
非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント http://www.rael.org
広報担当 斉藤 周二 www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp

***********************************************************************

★鹿児島★「天才政治」出版記念講演会 

★鹿児島★「天才政治」出版記念講演会 
 
1973年12月13日、ラエルは宇宙人エロヒムより地球人類の
過去と未来に関する重要なメッセージを受け取りました。

そのメッセージによれば、私達人間を含む地球上の全ての生命は、
彼ら宇宙人エロヒムによって遺伝子工学を用いて創造されたと明かされています。

当講演会では、進化論の誤りについて、また最新の生命科学情報による
人工的生命創造の可能性について科学的に検証します。

そして、地球人類が抱える様々な問題について宇宙人エロヒムが
提示する解決策をご紹介します。

貧困・労働・病気を根絶し、不老不死を実現した宇宙人エロヒムの
政治 とは?

カナダの生物教科書にも掲載された「宇宙人エロヒムによる地球生命創造論」
また労働がなく、不老不死をも可能にしている彼らの惑星で行われている
「天才政治」について詳しくご紹介します。

講演入場料は無料となっておりますので、お気軽にご参加下さいませ。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

<協賛:「無限堂出版」>
 
日 時: 7月15日 14時00分~16時00分
場 所: 宝山ホール(鹿児島県文化センター)
3F 第五会議室
〒892-0816
鹿児島市山下町5-3
099-223-4221

地図リンク
交 通: ■JR鹿児島中央駅から(所要10分)
電車:朝日通り下車
バス:市営バスほか 金生町下車

■JR鹿児島駅から(所要5分)
電車:朝日通り下車
バス:市営バスほか 金生町下車

■鹿児島空港から(所要60分)
空港バス:金生町下車

■金生町バス停、朝日通り電停から徒歩3分

参加費: 無料です♪
(ラエリアン・ムーブメントは100%ボランティア運営となっており、
       有給の会員は存在しません。会費などで運営されています。)
予 約: ☆必要ありません。どなたでもご参加いただけます☆
主催者: 日本ラエリアン・ムーブメント(非営利ボランティア団体)
TEL :0479-75-8030 FAX :0479-74-8007
お問合せ: 迫間 裕二
■メールアドレス
sakoma@po.synapse.ne.jp
電話番号 : 090-7473-0426

Pagination

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR