ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

ラエリアンムーブメント九州方面のイベント案内、会員のブログ、ラエルサイエンスの紹介など

イベント案内
9月
「「宇宙人からのメッセージ上映&パネル展」
 ☆日時:9月24日(日) 11時~17時
 ☆場所:北九州市立美術館 黒崎市民ギャラリー
       福岡県北九州市八幡西区黒崎三丁目15-3
         コムシティ3F
       http://www.hitomirai.jp/access
 ☆問い合わせ:  
     大長 政徳 
     TEL 090-7166-4528
     E‐mail masachan-d@jcom.home.ne.jp


Message from the Designers
One minute for Peace
楽園主義
日本ラエリアンムーブメント公式サイト
クリトレイド
Rael Academy
エロヒムリーク

「高解像度」の生体組織を科学者たちは3Dプリントする

オックスフォード大学の科学者たちは、再生医療の道を切り開くことができる生体組織を3D印刷する画期的な方法を見出しました。
複雑な生体組織を再現するための幹細胞を3Dプリントする新しい方法は、ブリストルの細胞と分子医学の学校と協力してオックスフォードの科学者によって考案されました。

この発見は再生医療に、複雑な組織の再生を考慮に入れて、損傷した部分または、切断した部分の取り替えまたは修復が出来るという画期的な変化を起こし得ます。


「私たちの多用途性で強固な性質な方法は、ボトムアップ組織工学(1)に新しい工具一式を低コストで提供します」と研究者らは、 Scientific
Reportsに掲載された論文で主張しています。

3D印刷有機物の主な障害の1つは、細胞が印刷構造内で動くことであり、それらの支えとなる軟らかい足場はそれ自身が崩壊する傾向があります。

新しい方法では、その構造を支え、それらの形状を維持するのを助けることができる自己充足型の細胞の組織の生産を確認できました。


この新しい方法は、生存率が平均90%と高いため、細胞の生存率を向上させるように思われます。

ブリストル大学細胞・分子医学部のアダム・ペリマン教授は、「オックスフォード大学で開発されたバイオプリントという方法は細胞構造物を極めて高解像度で効率的に印刷できるため非常にエキサイティングです。」と言いました。

研究者らは、この方法が動物実験を中止し、薬物および毒素の審査において重要な役割を果たす可能性があると考えています。

OxSyBioの最高技術責任者(CIO)Sam Olofは、「バイオプリントの
潜在用途は数多くあり、患者から供給された細胞を利用して、自然の組織機能を模倣したり強化することで、その個人向けにされた治療法を創出することが可能になると考えています。

元記事:https://www.rt.com/uk/400157-3d-printing-living-tissue/
スポンサーサイト

「病は気から」の仕組み解明

 ストレスで胃腸の病気や突然死を招くメカニズムを、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームが解明し、15日付のオンライン科学誌イーライフで発表した。ストレスで起こる脳内の炎症が関わっていた。「病は気から」の仕組みが裏づけられたといい、ストレス性の病気の予防や診断への応用が期待される。

 チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を入れただけのマウスは死ななかった。

 突然死したマウスを調べたところ、脳にある特定の血管部分にわずかな炎症があることを発見。炎症はこの免疫細胞によって引き起こされ、通常はない神経回路ができて胃腸や心臓に不調をもたらしていたことがわかった。

 村上教授は「同じストレスを受けても、この免疫細胞の量や脳内の炎症の有無によって、病気になるかどうかが分かれると考えられる」と話している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000072-asahi-soci

沖縄の核爆弾

ラエル氏のコメント:これは、エロヒムからの情報のおかげでずっと昔から私が言ってきたことを正式に確認するものです:たくさんの原子爆弾(およそ100)
が沖縄にはあり中国とロシアとの紛争の場合沖縄島は優先攻撃目標になります。沖縄にある全ての核兵器は、沖縄地域に駐在している全ての軍隊と同様に、
米国に送り返されなければなりません。
RAEL'S COMMENT: This is official confirmation of what I have said for a
very long time, thanks to the Elohim information: There are a lot of atomic
bombs on Okinawa (around 100) and that makes the island a priority target
in the event of conflict with China and Russia. All nuclear weapons on
Okinawa must be sent back to the USA as well as all US troops stationed
on Okinawa's territory.


日本にある米軍基地、そして特に沖縄、には、日本との条約を尊重することなく、多くの核爆弾や核大陸間弾道ミサイルがあります。中国に向けられています。そのため米国と中国の間で戦争の場合は沖縄は即時に標的になります。

米軍基地を追放するために沖縄の人たちは行動しなければなりません、そして少なくともその基地を検分する権利を直ちに取得することです。というのも日本の当局は、日本の領土内に核兵器が存在していないことを保証している条約を確かめるためにその基地を検分する権利すら持っていないからです。
http://www.elohimleaks.org/ja/nuclear-bombs-okinawa/

あなたの肌にする最悪のこと

ラエル氏のコメント:私は石鹸を使うことはありません

それは奇妙な考えのように見えるかもしれませんが、清潔にするために石鹸を使用することはそれほど素晴らしいことではありません。それは実のところあなたの肌を乾燥させるだけでなく、実際にあなたがより多くの油っぽくなる原因になる可能性があります
- それはより多くのにきびを意味することになります。おぇ!

石鹸を投げる捨てる理由がさらに必要な場合は、次の記事を読んでください:



1.あなたの肌を弱くします。

pHが高い荒い石けんを使用すると、水分を含んだタンパク質と脂肪酸が含まれている皮膚の外側の保護層が文字通り食い荒らされてしまいます。この障壁を破壊すると、肌が鈍くなり、容易に炎症を起こし、過敏反応を起こす。
必ずDove Beauty Bar(amazon.com、$ 7)のような中性pHのクレンザーを選んで、肌のバランスを保ちましょう。



2.超乾燥。

また、ノースウェスタン大学医学部の皮膚科の准教授であるRoopal
Kundu博士は次のように述べています。「天然の油分を取り除き、肌荒れ、肌荒れ、かゆみの肌に導きます。場合によっては、これは本格的な湿疹を引き起こす可能性があります。代わりに、サーミッドやグリセリンなどの成分で皮膚に水分を注入するクリーミーなクレンザーを探してください。
CeraVeハイドレーティングクレンザーバー($ 11、amazon.com)は間違いないです。



3.吹き出物ができます

はい、標準的な固形石鹸は、実際には、にきびを引き起こし、あなたの顔に炎症を起こします。
「皮膚を過度に乾燥させることによって、脂腺が自己水和を行い、より多くの油分や皮脂を産生しようとするため、毛穴の閉塞やニキビが多く発生する可能性がある」と同大学皮膚科の臨床助教授Seemal
Desaiテキサス州南西部医療センターCetaphil Dermacontrol Foam Wash($
9、amazon.com)を試してみてください。


4.しわができます。

重要な膨化した脂肪やセラミドを皮膚から取り除くことで乾燥した石けんは、しわや毛穴を強調することになる、とDesaiは述べています。不要な線を埋め、和らげるために
CeraVe Foaming Cleanser($ 8、amazon.com)のようなヒアルロン酸を含む製品で清潔にしましょう。


5.細菌が繁殖しやすくなります。

皮膚の最も重要な仕事の1つは、私たちが触れるすべての表面にある細菌、ウイルス、および真菌に対してバリアーを作り出すことです。アスリートの足や疣贅などを考えてみてください。悲しいことに、石鹸は、自然界の良い自然から得られる免疫と保護を損なう可能性があります。

最後のアドバイスの言葉...

新しい洗剤を吟味するときは、「ノンソープ」や「中性pH」などのキーフレーズを探してください。そして、その中に「石鹸」という言葉を持つ製品は避けてください。

*詳細は英語原文をお読みください

<英語原文>
http://www.goodhousekeeping.com/beauty/anti-aging/a32013/soap-bad-for-skin/

脳の神経幹細胞移植で寿命延ばす 米大、マウスで確認

 米アルバート・アインシュタイン医科大学の研究グループは、マウスの脳の視床下部にある神経幹細胞を別のマウスに移植することで、老化を遅らせて寿命を延ばすことに成功したと発表した。人間にも応用可能かどうかはさらなる研究が必要だとしている。26日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に論文が掲載された。
 研究グループは人間なら中年にあたる生後18カ月のマウスに視床下部の神経幹細胞を移植したところ、移植しなかったマウスよりも老化が遅くなり、寿命が延びることを確認。一方、体内の神経幹細胞が欠損したマウスでは、老化に似た現象が起きたり、寿命が短くなったりしたという。
 視床下部は食欲や睡眠、体温やホルモンの分泌などを制御し、生命維持に欠かせない機能を持つ脳の中枢器官。研究グループは視床下部の神経幹細胞が足りなくなることが老化の重要な原因だと指摘した。この神経幹細胞は特定のマイクロRNA(リボ核酸)を脳脊髄液に分泌しており、これが老化を妨げる機能に関係しているとみている
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19300770W7A720C1CR8000/?dg=1

平和のためにオンライン平和の瞑想をご一緒にいかがですか?

ご参加について詳しくは以下をご覧ください。
  ↓↓
https://ameblo.jp/raelianjapan/entry-12267756547.html

Pagination

Utility

プロフィール

susumu666

Author:susumu666
●ラエリアンムーブメント九州方面の公式ブログ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR